歯周病の治療ってどんなの?

正しいブラッシング法

前述しましたが、ここでも歯ブラシの正しい仕方について詳しく調べてみたいと思います。まず、歯ブラシの毛先を磨きたいポイントに当てます。
自分でよくわからない場合は、鏡を使ってみると分かりやすいようです。

動かし方は、横に動かすように、または、縦に書き出すようにでも、円を描くように回しても良いようです。歯と歯茎を傷つけずに、歯垢を落とせれば良いようです。

また、注意しなければいけないことは、歯ブラシをする際に、力まないようにすることだそうです。力が入っていると、うまく歯垢(プラーク)が落とせないようです。(歯ブラシの毛先が開いてしまって、うまくそのポイントに当たらないため)

歯には凸凹があります。したがって、大きく動かすとへこんだ場所に毛先があたりません。なんとなく、歯ブラシを大きく動かしがちですが、小さく動かし、毛先が歯垢を取り除きたい部分に当たるようにしましょう。

歯医者さんでの治療

現在、歯医者さんに行くと、歯周ポケットの長さを計ってくれたり、出血がないか調べてくれたり、また歯石も除去してくれますよね?
それは、歯周病の基本治療だそうです。

スケーリングといって、歯医者さんのとんがった器具を歯に当てて、歯の表面の歯石を取り除いたりするのも、歯周病の治療のひとつです。
歯の表面を滑らかにして、細菌の毒素で覆われた歯の表層を取り除いてくれます。

そういった作業を基本的には半年に一回、気になる方は、年に3回から4回歯医者さんで行ってもらうと、歯周病には効果的だそうです。

しかし、そういった治療の中でも、歯周病が進行してしまった方には、歯周病の原因となる歯周病の深さをコントロールするために、外科治療をする場合もあります。



TOP