歯周病を予防しよう。

歯周病の予防法。

まず、正しい歯ブラシの仕方をマスターすること。
歯ブラシの仕方にはバス法というブラッシング方法があり、歯ブラシを歯と歯茎の境目に当てて、小刻みに動かすというものです。
そうすると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯の隙間のポケットのようなところに入っていた歯垢が効率よく除去できます。
(ただ、力を入れすぎてやりすぎると、歯がすり減ってしまったりするので、力を入れすぎないことが大切です。)

また、歯の根元についている歯石を取り除いて、歯周病の原因となる細菌が増えるのを防ぐことが大切です。
そのためには、歯医者さんに半年に一度くらいずつ通い、歯石を取り除いてもらうことをお勧めします。

また、歯肉が傷んだり、傷があったりする場合は、これも放っておかないで治療することだそうです。

歯周病が進行の過程を知る。

しかし、残念ながら、歯周病にかかってしまったという方も、現在は効果的な治療法があるようですから、まず歯医者さんに行って診断してもらうことが大切です。

健康な歯茎とは、きれいなピンク色で、歯と歯の間にも歯肉があり、弾力性に富んでいます。また外見を見ると引き締まっているように見えるようです。
前述しましたが、分かりやすい例では、歯ブラシでブラッシングした際に出血しない状態です。

これが、歯肉炎になると、歯茎が赤っぽくなります。
また、歯と歯の間の歯肉が膨らんだり、ブラッシングの際に出血したりします。

それが進行して歯周病になると、赤かった歯茎が紫を帯びるようになり、ブラッシングの際に、血だけではなく、膿も出るようになります。
そして、歯と歯の間の隙間が広がってしまい、食べ物が詰まるようになってしまいます。



TOP