歯周病ってどんな病気?

こんな症状ありませんか?

最近、口臭が気になるようになった…。そんな方いらっしゃいませんか?
以下の症状も併発していると歯周病かもしれません。調べてみましょう。

歯周病になると、朝起きた時に、口の中が不快で、ねばねばしているように感じるようです。また、固い食べ物が噛みにくいなあ、と感じたり、歯茎にかゆみや痛みが生じる場合もあります。

健康的な歯茎はきれいなピンク色で引き締まったような外見です。
歯周病になると、歯がなんだか長くなったような感じがしたり(それは、歯茎が下に下がってきている)、歯と歯の隙間に物が挟まったりするようになってくるそうです。

また、最も分かりやすい例では、歯ブラシでブラッシングしているときに、歯茎から出血するというものです。

こんな方も注意です。

以上、歯周病のセルフチェックを見てきましたが、以下の項目に当てはまる方も歯周病を進行させる場合があるようですので、注意が必要だそうです。

喫煙していたり、また、少し太りすぎと言われている方や、糖尿病を持っている方。
また、これは女性に多いのですが、ホルモンバランスが崩れていると言われている方は注意が必要だそうです。

また、歯周病は遺伝もするようで、ご両親が歯周病にかかった方。
また小さい赤ちゃんやお子さんがいる方は注意しなければならないのですが、親が噛んだものを子供に食べさせると、それによって感染してしまう場合があるようです。

また、歯の詰め物がうまく適合していなかったり、噛んだ時に口の中に傷が出来てしまったりしても、歯周病の原因になるようです。



TOP